通販サイトで服を買う前に!自分の体のサイズの測り方

サイズの計測方法を知っていますか

自分の身体を知っておこう

体のサイズを測る際は、メジャーを使います。 家に1個あれば便利なので、持っていない人はこの機会に購入してください。 メジャーは、水平にして使ってください。 1人で測るのは難しいので、何度も練習しましょう。 それでも測れなかったら、誰かに測ってもらってください。

バストやウエストの測り方

まずはバストを計測しましょう。
バストはトップと、アンダーを測らなければいけません。
どちらを測る時でも、メジャーが水平になるよう意識してください。
曲がっていると、正しい数値を計測できなくなります。
自分で測る際は鏡を見ると良いですね。
できれば、誰かに測ってもらうのがおすすめです。
次にウエストを測ってください、
ウエストは、腰の最もくびれている部分です。
お腹を引っ込めないで、自然体のまま計測してください。

ヒップを測る際は、ヒップラインを決めましょう。
お尻の最も張っている部分です。
そこから水平に、メジャーを回してください。
肩幅も知っていると、服を購入し安くなります。
肩幅を計測する際は、首の中心から肩の端までを測ってください。
反対側も同じよう計測するか最初に計測した数値を2倍にすると肩幅が算出されます。
袖丈を測る際は、腕をリラックスさせて下してください。
肩の基点から、肘の内側を通って手首までの長さを計測しましょう。

正しいサイズを測るために、食後に測ることは控えてください。
お腹が膨れているので、普段のサイズと数値が変わってしまいます。
また、メジャーをきつく締めすぎないようにしましょう。
きつく締めて計測した数値を参考に仕手服を注文すると、サイズが小さい服を買ってしまいます。
通販で服を買って知サイズを間違えても、返品ができない可能性が高いです。
自分が着られる服を買えるよう、サイズをしっかり測りましょう。

ヒップや肩幅なども知ると便利

たくさんの部分のサイズを知っていると、服を購入する際の参考になります。 ズボンやスカートを買う時に、欠かせないのがヒップです。 ヒップラインを見極めてから買いましょう。 トップスを買う際は肩幅や、袖丈にも注目してください。 買う服によって、必要な情報が異なります。

サイズを測る際の注意点

いつ測るか、という部分が大切です。 普段と食後では、お腹のサイズが変わります。 変わっている状態で測っても正しいサイズではないので、食後は控えてください。 また、メジャーをきつく締めないことも守りましょう。 締めすぎると、本来のサイズより数値が小さくなります。

TOPへ戻る