サイズの計測方法を知っていますか

>

ヒップや肩幅なども知ると便利

ヒップラインを計測する

お尻の大きさを知ることで、ズボンやスカートの正しいサイズを選択できます。
計測する際は、ヒップラインを決めてください。
横から見て、お尻の最も張っている部分がヒップラインの頂点になります。
そこから平行になるよう、メジャーを1周させましょう。
ヒップは、後ろから計測することがポイントです。

正面から計測すると、ヒップラインが曲がってしまいます。
間違えた部分を測ってしまう恐れもあるので、注意しましょう。
正面から見て、最も貼っている部分がヒップラインだと思っている人が見られます。
しかしそこではないので、お尻を基準に測ってください。
メジャーは、体にきちんとフィットさせましょう。
浮いていると、長さが正確になりません。

トップスを購入するために

シャツやブラウスを買う時は。肩幅を調べなければいけません。首の基点と、肩の基点を決めてください。
その長さを2倍にすると、肩幅の数値が出ます。
首の基点は、首の中心です。
肩の基点は、肩の最もは市の部分だと覚えておきましょう。
袖丈を測る際は、腕をリラックスさせて下してください。
肩の基点から、手首までの長さを測ります。

その時は、腕の内側をメジャーで計測してください。
内側と外側では。長さが異なるので気をつけましょう。
またリラックスしている状態だと、通常は肘が曲がります。
その状態が正しいので、肘に沿って計測しましょう。
無理にまっすぐに伸ばすと、袖丈が変わります。
手首の骨が出ている部分まで、メジャーを伸ばしてください。


この記事をシェアする

TOPへ戻る